換気扇-パナソニックからの提案 健康作りは空気から

パナソニックが提案するIAQとは?

IAQとは「Indoor Air Quality」の頭文字で造った言葉で、パナソニックが提案している活動です。
私たちが健康的に暮らすための提案として「きれいな空気で暮らしませんか?」という意味を持ち、部屋の中の空気の質に着目しています。
パナソニックが2014年に1000人に向けて行った調査では、およそ70%の方がきれいな空気を体感することの難しさを知らなかったと答えています。私たちにとって欠かせない空気は、汚れが見えにくくなかなか体感することができないので、そこまで注力している方は少数派という事でしょう。
近年では中国から飛来するPM2.5問題が話題となっており、毎年花粉に悩まされる方々も増えている中で、換気扇から部屋の空気を見直してみませんか?というのがパナソニックの考えるIAQです。

自然換気と機械換気って?

自然換気とは文字どおり、自然の力を使い部屋の空気を入れ替える方法です。メリットは費用や騒音がないことでしょう。デメリットは自然の力のみなのでコントロールすることができず、十分に換気できないケースがあります。
機械換気とは、換気扇などを使って空気を強制的に換気する方法です。機械で行うので換気量がコントロールでき、安定的に換気できることがメリットで、デメリットは費用がかかることや騒音があげられるでしょう。

換気を見直してみよう

換気の効果として「新鮮な空気の供給」「除湿」「除塵」「脱臭」「温度調節」の5つがあげられます。
最近の家屋は気密性が高く、自然換気が十分な換気ができません。暖房器具などから発生する二酸化炭素、カビやハウスダストは人体に悪い影響を及ぼします。
定期的に換気扇の掃除を行うなどして、ご家庭の空気をもう一度見直してみてはいかがでしょうか。

パナソニックの提案するIAQとは?HPをチェック!

日東工業 用途に合った分電盤探し

日東工業株式会社について

1948年に愛知県で創業され、現在では東部、関東、首都圏、近畿、中部、西部営業部と大きく6箇所に統括部署を分け全国に展開、さらに海外に進出するまでの規模に成長しています。
「品質第一」「顧客満足」を企業倫理に掲げ目指しているこの企業は、顧客に喜んでもらえる製品作りを続けるため常に斬新で独創的な技術開発に力を入れ、市場ニーズを見極めながら堅実な経営で業界をリードしてきました。
創業当時は配線器具・スイッチの製造を主としており、現在では高圧受電設備・分電盤等の電路資材、情報通信関連資材までにいたるまで幅広い分野で展開し数々の受賞暦があります。

主な受賞歴・認定の実績(時系列)

・労働省産業安全研究所長賞:分電盤の小型化、標準化、省施工ニーズへの対応に成功
・ISO9001認証の取得
・グッドデザイン賞:ホーム分電盤、制震ラック、充電スタンド
・ISO14001認証の取得
・UL認証(米国向け規格)、TUV認証(欧州向け規格)の取得:国内メーカー初
・日本電設工業協会会長奨励賞:高遮断プチスリムブレーカー、スリム・協約プラグイン搭載分電盤、監視分電盤、電子クーラ・小型高効率タイプ
・関西電気保安協会理事長賞
・大阪府知事賞
・エコレールマーク認定
・「グリーン物流優良事業者表彰」特別賞
・環境大臣賞

自分に合った分電盤を探してみよう

日東工業には標準分電盤と一般家庭用のホーム分電盤が取り揃えてあり、標準分電盤は「省施工」「省スペース」「保守性の向上」の提案をしている。
一方、ホーム分電盤には家庭の用途や環境に合わせて、最適な物が充実のラインナップから選ぶことができる。

日東工業のHP内の「ホーム分電盤選定ガイド(ハウスタ)」にて検索が可能なので用途に合った分電盤を探してみよう。

分電盤 テンパール工業の商品特徴

テンパール工業株式会社について

テンパール工業は1951年に設立されました。広島県広島市に本部をかまえ、今では25箇所の支店・営業所を全国に展開しています。
1957年には現在の主力商品となる分電盤の開発・販売を開始し、大手電機機器メーカーがひしめく分電盤業界でも確固たる地位を継続しています。

「分電盤」の意味

一般的にはあまり聞き慣れない言葉かもしれないですが、ブレーカーを収める機器の名称ですので、実はどのご家庭にも設置されています。
分電盤が故障していたり老朽化していると感電や漏電の危険性があるため、定期的に検査し必要であれば交換する必要があります。また、地震大国の日本ですから震災の際の対策もしっかりとしておきたいですよね。

他社とは違うテンパール工業の商品とは

テンパール工業/分電盤
分電盤は様々な電機メーカーが製造販売していますが、テンパール工業では大きく分類して「住宅用分電盤」と「標準分電盤」があります。
住宅用分電盤には多回路化、オール電化、分散型電源、EV/PHEV回路等に対応できる「パールテクト」があり、これは業界初のプラグイン端子方式を採用し分岐ブレーカーで供給電圧の測定が可能になりました。また、「感震機能付のパールテクト」の開発にも成功し、震度5強以上の地震を感知して電気回路を自動で遮断する機能を搭載しています。作動時には音と光で発信し、約3分後にブレーカーを遮断する仕組みになっています。
標準分電盤はより多数の回路構成と仕様で、電灯分電盤、動力分電盤、電灯・動力混合分電盤に対応することが可能です。

問い合わせ等、詳細はテンパール工業のHPを参考にしてみてください。

分電盤 白物家電の東芝が勝てる理由

東芝が勝ち組であり続けられる理由とは

今日まで数々の白物家電のパイオニアとして日本の電機業界をリードし続けてきた東芝ですが、なぜここまで地位を守り続けることができたのでしょうか。現在の東芝をみてみると電子デバイス部門が過去最高益を達成し、半導体事業中心の部門が稼ぎ始め大黒柱にまで成長したとも言えるでしょう。1980年代後半〜90年代前半にかけて日本では半導体事業への進出を目指す企業が増えました。その後各社が切磋琢磨しながらも、社名を変えずに総合電機メーカーの立場を維持し続けているのは東芝だけではないでしょうか。
端的に言うと、東芝は当時から現在に至るまでに投資をし続けており、最近では年間2000億円規模になります。さらに、社内に今までのノウハウの蓄積ができたため、それほど業態を変えることなく商品を開発し続けることができたからです。
また、東芝といえばノートPCを一般的に普及させたブランドとしても記憶に新しいです。日本の各PCメーカーが世界シェアを思うように獲得できない中、東芝製のPCは世界シェアNo.5の実力です。なので、海外に持って行くとしたら東芝製のものが何かと融通が利く場面も出てくることでしょう。

家庭の電流を管理する分電盤とは

家庭内の電気を管理するブレーカー。規定以上の電流が必要になった時に制限するものですが、分電盤という機器の中に埋め込まれています。
様々な電子機器メーカーが分電盤を製造販売していますが、東芝は2つのタイプの分電盤を取り扱っています。シンプルなデザインでどのご家庭にも調和する「プチパネリア」モデル。オール電化住宅のシステムに対応した住宅用分電盤「プチパネリア プラス」モデルです。

詳しくは東芝グループの東芝ライテック株式会社のHPを参考にしてください。

分電盤とパナソニック製品の強みとは-修理

パナソニックの強み・弱みを調べてみた

言わずと知れた電機業界の大手企業。製品が壊れにくく、信頼のおけるブランドと多くの方は印象をお持ちでしょう。
もともと冷蔵庫や洗濯機など壊れにくい白物家電に力を入れていたことも、壊れにくい製品というイメージを植え付けた要因であるかもしれません。
また、街を見渡せばパナソニック商品を取り扱う小さなお店があり、すぐに修理に出す事ができるので消費者としては安心につながるのでしょう。
パナソニックは松下電器のAV機器ブランド(Panasonic)を社名に統一してできた電機メーカーです。主に家電製品を核とする会社で電器全般の製品を製造しており、さらに電工事業や住宅事業も展開しており、事業分野が多岐に渡っています。グループ内の相乗効果が見込めるのが会社としての強みで、エネルギーの分野の技術はまだまだ多くの技術を持っています。
弱みとしては、コスト面で中国・韓国の電機メーカー勢に押されている状況が続いており、安全・安心性よりもとにかく価格を抑えたいと考える消費者はパナソニックを選ばない傾向もあります。

信頼のパナソニック製の分電盤

分電盤/パナソニック
分電盤とはブレーカーを格納している器具で、どの家庭でも見ることができます。契約以上の電流を超えた場合に作動するのがブレーカーで、いくつか同時に家電をいくつか使って頻繁に切れるようなら電流増やした方が良いです。
信頼のパナソニック社の分電盤なら電圧からご家庭をお守りします。修理業者も近くの電気屋でできるので安心です。

パナソニックURL:http://www2.panasonic.biz/es/densetsu/denro/compact21/product.html

東芝のインターホンについて

東芝について調べてみた

家電製品をはじめ、医療機器や宇宙開発事業などを幅広く手がけており、SONYやパナソニックなどと並ぶ大手電機メーカーの1つです。創業者は田中久重で、万年時計やからくり人形の開発をしていたことが基になっています。1875年の創業当時から政府機関とのやりとりがあり、現在もミサイルを防衛省に納入しています。

生活家電のパイオニアとして認識されているのは冷蔵庫、洗濯機、電子レンジなどの国産品第一号を数多く製造していることからで、最も印象深いこととしては1993年に発売されたdynabookにより、ノートブックパソコンという新ジャンルを確立させたことではないでしょうか。

東芝のインターホン

白物家電の多くを製造している東芝ですが、昨今の犯罪の凶悪化の影響もあり、インターホンが注目されています。信頼の東芝製ですので壊れにくく、安心して利用できます。

現在、東芝のインターホンは生産終了となっております。
当社では同様の他社製品を多く取り揃えておりますので、ぜひチェックしてみてください。
http://store.shopping.yahoo.co.jp/js-navi/a5a4a5f3a5.html

パナソニックのインターホン どこでもドアホンとは

パナソニック株式会社について調べてみた

パナソニックは1935年に創業され、故松下幸之助(当時23歳)が製造販売を開始した時を創業としています。
大阪に本社を構え、家電メーカーとして確固たる地位を確立しています。商品としては電子部品から家庭用電子機器、電化製品、情報通信機器、住宅関連機器等に至るまでの生産、販売、サービスを行う総合メーカーです。

パナソニック製品の特徴としては、新しい技術を次々と製品に反映していくところで、今までのブランドの信頼もあり他社のメーカーの追随を許しません。しかし、大手ならではの信頼が付きまとう現実もあるために奇抜なデザインや機能の商品の開発が難しいという現状もあります。個々の好みが多様化してきている現在、今後パナソニックがどのように商品展開をしていくのか見ものですね。

パナソニックのインターホン

パナソニック/インターホン
パナソニックといえば、液晶テレビやDVDレコーダー、エアコンや冷蔵庫などの幅広い家電のメーカーをしての印象が強いですがインターホンも製造しているのをご存知でしょうか。

中でもTVドアホン(通称:そこでもドアホン)としてディスプレイ付きのワイヤレス子機が付属し部屋のどこにいても来客対応ができるインターホンは発売当時大きな反響をよびました。玄関用ドアホンは25万画素のCCDカメラ、3.5インチ液晶ディスプレイ付きドアホン親機、1.8インチ液晶ディスプレイ付きワイヤレス子機のセットで販売された。親機と子機は障害物がない場合であれば100メートルまで話しても利用することができます。

現在の顧客ニーズにあった商品開発

お子様の世話や家事に追われる主婦の方々は来客者の対応にさえ時間を取ることが難しいこともあると思います。どこでもドアホンがあればどこの部屋にいてもディスプレイ付きでの来客対応ができます。さらにPCのビデオ入力に接続すれば、映像をデスクトップ上でも確認することができます。

施工工事もそれほど大掛かり誠は必要ありませんし、防犯効果も見込めると思うので、インターホン変更を検討してみてもいいかもしれませんね。

録画機能付きインターホン機能とアイホン株式会社について

インターホンを販売しているアイホン株式会社について調べてみました

愛知県に本社・開発センター・工場を構えるアイホン株式会社は、顧客に安心を届けるために60年あまり、コミュニケーションとセキュリティの技術を培ってきた企業です。その技術は、「守る・セキュリティ」と「支える・ケア」の分野へと展開しています。

アイホンの主要製品としては、一般インターホン機器セキュリティインターホン機器・テレビインターホン機器・ケアインターホン機器・情報通信機器などがあります。

市場別売上高構成比率(連結):戸建住宅市場:12.9% 集団住宅市場:40.0% ケア市場:14.9% 海外市場:26.0% その他:6.2%  (2015年3月期)

数々の受賞暦や認定・検定の実績がありました

◇iF design awards ◇GOOD DESIGN AWARD ◇インターホン・オブ・ザ・イヤー ◇JECA FAIR(電設工業展)製品コンクール ◇デミング賞

◇日本消防検定協会 ◇電気用品安全法技術基準 ◇インターホン工業会 戸外表示器審査会 ◇電気通信事業法 技術基準 ◇HQIインターホン工業会 自主認定 ◇ISO9001認証 ◇ISO14001認証

自動録画機能付きテレビドアホンで防犯対策

アイホン・インターホン
(参照:アイホン公式ページ)
アイホンはインターホン専門のメーカーとして、1997年にカラーテレビドアホンを販売を開始し、現在は4割以上の空き巣がインターホンで留守を確認するとい事例に基づき、防犯対策として録画機能付きのインターホンを開発するに至りました。呼出の際に映像を自動録画できるので、帰宅後に映像を確認し証拠として残しておくことができます。

アイホンのインターホンは個人の方のみではなく、賃貸住宅のオーナーの方にも注目されており、録画機能付きのインターホンがあれば不審者や無用なセールスの侵入を防ぐことができます。