換気扇-パナソニックからの提案 健康作りは空気から

パナソニックが提案するIAQとは?

IAQとは「Indoor Air Quality」の頭文字で造った言葉で、パナソニックが提案している活動です。
私たちが健康的に暮らすための提案として「きれいな空気で暮らしませんか?」という意味を持ち、部屋の中の空気の質に着目しています。
パナソニックが2014年に1000人に向けて行った調査では、およそ70%の方がきれいな空気を体感することの難しさを知らなかったと答えています。私たちにとって欠かせない空気は、汚れが見えにくくなかなか体感することができないので、そこまで注力している方は少数派という事でしょう。
近年では中国から飛来するPM2.5問題が話題となっており、毎年花粉に悩まされる方々も増えている中で、換気扇から部屋の空気を見直してみませんか?というのがパナソニックの考えるIAQです。

自然換気と機械換気って?

自然換気とは文字どおり、自然の力を使い部屋の空気を入れ替える方法です。メリットは費用や騒音がないことでしょう。デメリットは自然の力のみなのでコントロールすることができず、十分に換気できないケースがあります。
機械換気とは、換気扇などを使って空気を強制的に換気する方法です。機械で行うので換気量がコントロールでき、安定的に換気できることがメリットで、デメリットは費用がかかることや騒音があげられるでしょう。

換気を見直してみよう

換気の効果として「新鮮な空気の供給」「除湿」「除塵」「脱臭」「温度調節」の5つがあげられます。
最近の家屋は気密性が高く、自然換気が十分な換気ができません。暖房器具などから発生する二酸化炭素、カビやハウスダストは人体に悪い影響を及ぼします。
定期的に換気扇の掃除を行うなどして、ご家庭の空気をもう一度見直してみてはいかがでしょうか。

パナソニックの提案するIAQとは?HPをチェック!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です