日東工業 用途に合った分電盤探し

日東工業株式会社について

1948年に愛知県で創業され、現在では東部、関東、首都圏、近畿、中部、西部営業部と大きく6箇所に統括部署を分け全国に展開、さらに海外に進出するまでの規模に成長しています。
「品質第一」「顧客満足」を企業倫理に掲げ目指しているこの企業は、顧客に喜んでもらえる製品作りを続けるため常に斬新で独創的な技術開発に力を入れ、市場ニーズを見極めながら堅実な経営で業界をリードしてきました。
創業当時は配線器具・スイッチの製造を主としており、現在では高圧受電設備・分電盤等の電路資材、情報通信関連資材までにいたるまで幅広い分野で展開し数々の受賞暦があります。

主な受賞歴・認定の実績(時系列)

・労働省産業安全研究所長賞:分電盤の小型化、標準化、省施工ニーズへの対応に成功
・ISO9001認証の取得
・グッドデザイン賞:ホーム分電盤、制震ラック、充電スタンド
・ISO14001認証の取得
・UL認証(米国向け規格)、TUV認証(欧州向け規格)の取得:国内メーカー初
・日本電設工業協会会長奨励賞:高遮断プチスリムブレーカー、スリム・協約プラグイン搭載分電盤、監視分電盤、電子クーラ・小型高効率タイプ
・関西電気保安協会理事長賞
・大阪府知事賞
・エコレールマーク認定
・「グリーン物流優良事業者表彰」特別賞
・環境大臣賞

自分に合った分電盤を探してみよう

日東工業には標準分電盤と一般家庭用のホーム分電盤が取り揃えてあり、標準分電盤は「省施工」「省スペース」「保守性の向上」の提案をしている。
一方、ホーム分電盤には家庭の用途や環境に合わせて、最適な物が充実のラインナップから選ぶことができる。

日東工業のHP内の「ホーム分電盤選定ガイド(ハウスタ)」にて検索が可能なので用途に合った分電盤を探してみよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です